<<05  2018/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LSEのdissertation紹介-日本における子どもの貧困問題について-
以前予告していましたが、昨年LSEの修士課程で執筆したdissertation(修士論文)の内容についてご紹介しておきたいと思います。

タイトルは、「What characterises the problem of child poverty in Japan? -Influences of the Japanese welfare state-」(邦訳:日本における子どもの貧困問題の特長は何か?-日本の福祉国家レジームの影響-)というものです。近年、子どもの貧困問題については国内でも注目を集めており、関連する日本語文献も多数出てきていますが、それを福祉国家レジームと関連させて背景事情を深く分析した文献は見られないこと、一方で英語文献については、OECD等の子どもの貧困に関する調査研究では個別の国にフォーカスした分析は行われていないことから、それなりに新味が出せたのではないかと思っています。
なお、リサーチ手法は、独自の調査等は行わず、基本的に文献レビューに基づいています。

以下、dissertationの冒頭に付けているAbstract(概要)の英語版と日本語訳です。


【英語版】

The problem of child poverty has long been omitted from the policy agenda in Japan, while at the same time becoming a special concern in other OECD countries over the past few decades. Nonetheless, the issue is also significant in Japan, where the statistics show a percentage of child poverty higher than the OECD average, furthermore, Japan’s case displays specific features, including a rising poverty rate after redistribution, an extraordinarily high poverty rate among lone-parent households and a heavy educational burden. The fundamental characteristic of the problem of child poverty in Japan is Japan’s unique welfare state regime.

Firstly, the traditional Japanese welfare system consists of powerful occupational welfare, familialism and residual state welfare, which combine to engender a low level of political concern about poverty and children, and the formation of a system of redistribution that is not designed to relieve poverty. The rapid aging of the population and the declining birthrate have also marginalised child poverty within the family policy agenda.

Secondly, labour market dualism, which supports the male breadwinner model and familialism in the Japanese-style welfare system, results in a low wage level for lone mothers, whose employment status has worsened further since the depression in the 1990s.

Thirdly, the concept of residual state welfare also causes a low level of public expenditure on education which, within the context of ‘a society dominated by a quest for academic credentials’, results in a heavy burden being placed on household finances.

This thesis concludes that, in order to reduce child poverty, the Japanese government should reform the targets of redistribution by putting a higher weighting on low-income households with children, reducing labour market dualism and improving the educational environment of disadvantaged children.


【日本語訳】

子どもの貧困問題は、ここ数十年の間においてOECD諸国で高い関心を集めてきた一方で、日本においては長く政策課題として取り上げられてこなかった。しかしながら、当該問題は、日本における子どもの貧困率がOECD諸国の平均よりも高いことが統計で示されているとおり、日本においても深刻なものである。さらに、日本のケースは、①所得再分配後に(再分配前と比べて)貧困率が上がっている、②一人親世帯における異常に高い貧困率、③重い教育費負担、という特徴を示している。こうした日本における子どもの貧困問題の特徴を裏付けるものは、日本特有の福祉国家レジームである。
一点目は、伝統的な日本の福祉制度は、強力な職域福祉、家族主義及び残余的な国家福祉によって成り立っており、これらが組み合わさることによって、貧困問題や子どもの問題に関する政治的な関心が低く抑えられるとともに、貧困の解消を主眼とした所得再分配制度の形成が促されなかったことである。
二点目は、日本型の福祉制度における男性稼ぎ主型モデルと家族主義を支える労働市場の二重性により、母子世帯の母親の所得が低くなっており、さらに、1990年代から続く不景気により、労働市場における母子母の立場が悪化していることである。
三点目は、残余的な国家福祉の理念が、教育に対する公的支出を低く抑える要因となっており、「学歴社会」の中で、家計における教育費の負担が重くなっていることである。
結論として、子どもの貧困を軽減するために、日本政府は、低所得の有子世帯により比重を置くための所得再分配制度の改革、労働市場の二重性の軽減、社会的に不利な立場にある子どもの教育環境の改善に取り組む必要があると考えられる。


下の「続きを読む」をクリックすると、参考文献リストが表示されます。(実際の論文には60個以上参考文献を付けているのですが、長くなってしまうので、最も活用した文献のみをリストアップしています。)
◇参考文献リスト◇

(英語文献中、日本に特にフォーカスした記述がある、又は日本に関する記述や統計を含むものについて、★印を付しています。)

Bradshaw, J. and Finch, N. (2002) A Comparison of child benefit packages in 22 countries. DWP Research Report, No 174. London: DWP.★

Chitty, C. (2009) Education Policy in Britain. Basingstoke: Palgrave Macmillan.★

Eikemo, T. and Bambra, C. (2008) The welfare state: a glossary for public health. Journal of epidemiology and community health, 62 (1), 3-6.★

Esping-Andersen, G. (1990) The Three Worlds of Welfare Capitalism. Cambridge: Polity.

Esping-Andersen, G. (1997) Hybrid or Unique?: the Japanese Welfare State Between Europe and America. Journal of European Social Policy, 7(3), 179-189.★

Gregg, P., Waldfogel, J. and Washbrook, E. (2005) That’s the way the money goes: expenditure patterns as real incomes rise for the poorest families with children. In: Hill, J. and Stewart, K. (ed.) A more equal society? : New Labour, poverty, inequality and exclusion. Bristol: The Policy Press. pp. 251-275.

JICA (2003) The History of Japan’s Educational Development - What implications can be drawn for developing countries today. Tokyo: JICA.★

Jones, R. S. (2007) Income Inequality, Poverty and Social Spending in Japan. OECD Economics Department Working Papers, No. 556. Paris: OECD.★

Kennett, P. (2001) Comparative social policy: Theory and research. Buckingham: Open University Press.★

Lundberg, S., Pollak, R. and Wales, J. (1997) Do Husbands and Wives Pool Their Resources? Evidence from the United Kingdom Child Benefit. Journal of Human Resources, 32(3), 463–479.

Mishra, R. (1999) Globalization and the Welfare State. Cheltenham: Edward Elgar.★

OECD (2005) Society at a Glance. Paris: OECD.★

OECD (2008) Growing Unequal? Income distribution and poverty in OECD countries. Paris: OECD.★

OECD (2010) Education at a Glance 2010. Paris: OECD.★

Peng, I. (2002) Social Care in Crisis: Gender, Demography, and Welfare State Restructuring in Japan. Social Politics, 9 (3), 411-443.★

Platt, L. (2005) Discovering child poverty: The creation of a policy agenda from 1800 to the present. Bristol: The Policy Press.

Ridge, T. (2002) Childhood poverty and social exclusion. Bristol: The Policy Press.

Ridge, T. (2009) Benefiting children? The challenge of social security support for children. In: Millar, J. (ed.) Understanding Social Security. Second Edition. Bristol: The Policy Press. pp. 151-170.

UNICEF (2005) Child Poverty in Rich Countries 2005. Florence: UNICEF Innocenti Research Centre.★

UNICEF (2007) An overview of child well-being in rich countries. Florence: UNICEF Innocenti Research Centre.★

阿部彩『子どもの貧困-日本の不公平を考える』岩波書店,2008年

北明美「日本の児童手当制度の展開と変質(上)-その発展を制約したもの」大原社会問題研究所雑誌, No.524, 2002年

国立社会保障・人口問題研究所編『子育て世帯の社会保障』東京大学出版会, 2005年(特に第2章~第5章)

中原弘二「日本の福祉体制とその限界」広島法学, 31巻2号, 2007年

仁田道夫、江上節子、友田直人、永瀬伸子、藤原千沙、松原康雄、今田幸子、濱田知子、小川幸子「調査研究報告書No.156 母子世帯の母への就業支援に関する研究」労働政策研究・研修機構, 2003年

宮本太郎『生活保障-排除しない社会へ』岩波書店, 2009年

山野良一『子どもの最貧国・日本-学力・心身・社会におよぶ諸影響』光文社, 2008年

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。