<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Butler's Wharf
今日は、住んでいる寮の周辺のことを書いてみます。

寮は「Butler's Wharf Residence」という名前なのですが、この周辺はミレニアム付近に再開発されたエリアで、「Butler' Wharf」(wharf=埠頭)というのはテムズ川沿いの倉庫を改装してできたレンガ造りの建物です。タワーブリッジやロンドン塔などの観光スポットも近いことから、観光客向けのおしゃれなレストランやカフェも多く、テムズ川沿いをぶらっと散歩しているだけで気持ち良いです。夏休みシーズンの週末ともなると、観光客でごったえ返しています。

芝生が整備されていて公園のようになっているエリアもあり、晴れている日には、観光客や市民が休憩したりお昼寝したり読書したりピクニックしたりと、憩いの場になっています。そういう風景を眺めているだけで、こちらものんびり気分を味わえます☆

IMG_3050_convert_20100810071649.jpg
タワーブリッジの橋が上がった瞬間に遭遇!

ちなみに、上の写真の右の方に映っている変わった形の高層ビルは、ノーマン・フォスターという建築家による「ガーキン」(=ミニキュウリ)という愛称のビル(2004年に完成)で、今やロンドンのシンボルの一つとなっています。


IMG_3054_convert_20100810073052.jpg

上の建物はロンドンの新市庁舎で、ガーキンと同じ建築家によるものです。南に31度傾いた独特な形状で、エネルギー効率を高める効果があるそうです。


日曜には、Butler's Wharfの一角にあるデザイン・ミュージアムというところに行ってきました。デザインに関する世界各国から集めた物が展示がされていて、物自体はそのデザイン性や効用がよく分からないものもありましたが、ディスプレイや空間の使い方が素敵な感じでした。美術館や大英博物館も然りですが、英国は自分で何かを生み出すよりも、世界中の物をコレクションして展示するのに長けている気がします。

IMG_3051_convert_20100810074112.jpg
外観もおしゃれな感じです。

こちらは、デザイン・ミュージアムで展示されていたパンダ群。目がセンサーになっていて、人の動きを察知して動きを変えます。大勢のパンダが一斉に動く様子が圧巻でした。。


[広告 ] VPS



ミュージアムの後は、Butler's Wharfの裏通りにあるTeapodというカフェでスコーンと紅茶のセットをいただきました。英国に来たら毎日紅茶を飲むのかと想像していましたが、実際はスタバをはじめとしたコーヒーチェーン店があちこちにあり、コーヒーばかり飲んでいたような気がします。渡英後初の本格的な紅茶とおいしいスコーンに大満足♪

IMG_3056_convert_20100810075955.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。