<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっこし日和・三たび&四たび
早くも10月。いよいよ新しいアカデミックイヤーが始まりました!それに向けて、9月中旬~10月初旬にかけてまたまた引越を2回繰り返し、ようやく新しい大学の地・ブリストルに腰を落ち着けることができました。今回はその2回の引越とブリストルの寮についての報告です。

一回目の引越は9月中旬にロンドン内で。以前に住んでいたロンドン大学の寮(International Hall)と新しい寮の契約期間に隙間があったため、やむなくロンドン内で短期で住めるところに二週間だけ引っ越すことになりました。ホテル住まいはコストが高いし、一般のフラットは通常はそんな短期の契約は断られるので、選択肢は限られるのですが、帰国直前の一時的な住まい等として知り合いの日本人が何人か利用されていたアップルハウスというところにお願いすることにしました。

ここは、日本人向けの短期契約可能のドミトリー&フラットのようなところで、通常のホテルのようなサービスはない代わりに(普通のフラットに住んでいる感覚)、料金設定がホテルに比べるとかなりリーズナブルで、渡英後の家探しの期間などに住むにもおススメです。いくつかハウスがあり、私は一番センターに近いということでカムデンハウスというところに滞在していました。最寄り駅のChalk Farm駅(ゾーン2)まで徒歩5分以内、個室の滞在で一泊£32です。Chalk Farmは素敵なエリアだし、結果的にはかなり満足しています。

そして、二回目の引越は、去年7月の渡英以来1年2ヶ月住んだロンドンをいよいよ離れ、ブリストルへ。ブリストルは、イングランド南西部最大の都市で、コッツウォルズ地方やウェールズの近くです。ロンドンからは電車で2時間ほどの距離です。
今回の引越は、日系の桑原運輸さんという業者にお願いしました。アップルハウスでは二週間のみの滞在だったため、日常生活に最小限の荷物だけをスーツケースに詰めて持ち込み、その他の荷物は段ボールに入れてInternational Hallを出る時に桑原運輸さんに取りに来てもらい、今回の引越までの期間保管してもらう形にしました。保管料なども込みで計£700近くかかりましたが、たまたま引越が週末になってしまったところ週末でも気軽に引き受けていただけたので、助かりました。

ブリストル大学の寮は、Woodland Courtというところです。プログラムが10月3日から開始するのに、入寮可能日が10月1日からで、入寮後はプログラム開始までの超短期間で荷物の片付けや買い出しなどバタバタでした。入寮日の設定はちょっと困りモノですが、ここは学部の建物にも一番近い寮で、かなり人気のようです。去年の寮問題でさんざん悩まされた経験を活かして(?)、今回は、事前に下見して寮のロケーション等をチェック→寮の申し込み開始後に即アプライ、と念入りに迅速に行動したおかげで、希望の寮に入ることができました。

部屋は全てバス・トイレ付きのen-suiteタイプで、キッチンはフラットで共有です。フラットメイトは、中国人2人、台湾人1人、タイ人1人、インド系1人、日本人(私)1人と全員アジア系の女性というかなり偏った構成ですが、キッチンはみんなキレイに使うし、院生ばかりで落ち着いた雰囲気なので、快適に過ごせそうです。全体的に中国人が多いとは聞いていたのですが、全員中国人女性(!)というフラットもある一方で、イギリス人が5人もいるフラットがあったりと、フラットの国籍構成はかなりいびつなようです。。部屋は戸棚の類があまり充実していないのがややマイナスポイントですが、広さは十分あるし、満足しています。


IMG_0353_convert_20111008070527.jpg
寮の外観

IMG_0351_convert_20111008070607.jpg
フラットのキッチンはかなり広くて清潔で、お気に入りの空間。窓の向かい側には、立派な教会が見えます。

IMG_0350_convert_20111008070631.jpg
個室から見える中庭の風景


新しい街、新しい大学でまた一からのスタートですが、去年の経験がある分、少し余裕を感じられるのはありがたいところです。プログラムの紹介や、LSEの総括なども追ってアップしたいと思います。

英国では、異常気象なのか先月末から二回目の引越を挟んで一週間ほど30度近い日々が続いていて、東京よりも暑いのではないかと思われるほどだったのですが(10月の英国で夜でも半袖でいられるなんて、かなりの晴天の霹靂です!)、週半ばには一転していつもの英国らしい秋の気候(=初冬の寒さ)に戻りました。来年の春を心待ちにしつつ、新学期のスタートを順調に進められるよう、心機一転頑張ります!

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

がんばれ~
お引っ越しおつかれさま!キッチンからの眺めが素敵やね~♪
ブリストルでの学校生活もがんばってー!
年末まであと数ヶ月。そちらに行くのを楽しみにしているよ~!!
そろそろホテルの手配を考えなければ・・
コメントありがとうございます!
>yuripanちゃん
ロンドンでの都会生活とは一変して落ち着いた田舎暮らしになったけど、勉強するには良い環境です。クラスメイトや寮の人達もみんなフレンドリーだし。
あっという間に寒くなってきて、クリスマスの気配が漂ってきたよ~!イギリスで会えるのを楽しみにしていますi-189
プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。