<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Courses for Lent Term
新学期が始まってから少し時間が経ってしまいましたが、今学期に取っている授業についてご紹介したいと思います。
ちなみに、今学期(LSEでは春学期は「Lent Term」といいます。「Michaelmas Term」や「Lent Term」といった呼び方は、英国の大学で一般的なのかと思っていたら、どうやらそうでもない模様)は、1月10日(月)~3月25日(金)までの11週間。10週間だった先学期よりも一週間長くなっています。

* 先学期に取っていた授業は、こちらです。

◆Social Policy: Organisation and Innovation【必修、0.5ユニット】(Prof. Eileen Munroなど)
先学期に引き続き、プログラムのコアとなる授業。内容は、ニューパブリックマネジメント(NPM)や、行政とリスク、分権化など、Public Policyに近いものも含まれています。ケアの個別化、高齢化など、日本でもお馴染みのホットトピックが満載なので、日本の現状と照らし合わせつつ、英国やヨーロッパ圏での議論の流れをしっかり勉強したいと思います。

◆Social Exclusion, Inequality and the 'Underclass' Debate【選択、0.5ユニット】(Prof. Hartley Deanなど)
日本でも昨今注目されてきた、social exclusion(社会的排除)や格差についての授業。これらの基本的なコンセプトからはじまり、雇用、教育、家族、地域などの各領域との関係について考察していくものです。修士論文のテーマとも関係してくるし、最も興味のあった内容です。が、セミナーの教官が、たまたま修士論文の指導教官になってしまい、セミナーの度に何だか無言のプレッシャーをかけられているような。。

◆Measuring Health System Performance【選択、0.5ユニット】(Prof. Elias Mossialosなど)
Social Policy学部が提供しているものですが、専攻しているSocial Policyではなく、ヘルス系の学生がメインの授業です。population health(集団の健康)を測るための、Life Expectancy(平均寿命)やAvoidable Mortality(回避可能な死亡数)などの指標のメリット/デメリットや、ケアへのアクセスの平等性などについて学びます。病名など、馴染みのない専門用語(普通の辞書に載っていないものも!)に溢れていて苦労しますが、メインのsocial policy系の授業と比べてプラクティカルな内容で、なかなか興味深いです。

ちなみに、他のsocial Policy系の授業は、<1時間のレクチャー+1時間半のセミナー>がセットですが、このコースはヘルス系のためか、<1時間のレクチャー×2>と<1時間のレクチャー+2時間のセミナー>が1・2週間ごとに交互で行われます。セミナーも、授業の復習や、実際にデータを見て考察したりと実践的な内容で、他のセミナーの「最初にその週のトピックについて担当者がプレゼン→みんなで議論(結論もないままに何だかよもやま話的になってしまうことも…)」という構成とは異なっており、詰め込み教育に慣れているノンネイティブ(笑)としては、こちらの方式の方がなじみやすいです。


専攻の授業以外には、先学期も取っていたアカデミック英語の授業を取っています。(選択科目は、学期前半のみ)

①Academic Writing(コア):先学期の続きで、ライティングの授業です。今学期は修士論文に関する内容(構成など)が中心となるようで、英語で長い論文を書いたことがない身にとっては、かなり役に立ちそうです。

②Social English(選択):今学期の前半のみの授業。英国の文化・風習と関連付けて「生きた」(=必ずしもアカデミックでない)英語が学べます。タブロイド紙の見出しとか、意外と全然分からなかったりします。


先学期は、学期中にエッセイが2本、プレゼンが2本あったのですが、今学期はプレゼンが3本で、幸い学期中に提出するエッセイはなく(イースター休暇明けに提出するassessed essayはありますが…)、先学期よりも少し余裕がありそうなので、来るべき試験の準備や、修士論文の準備を頑張って進めておきたいところです。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
いつもブログ楽しく読んでます!今学期も充実した内容ですね!がんばりましょ~。
コメントありがとうございます!
>amayanaccoさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。励みになります。
amayanaccoさんも学生さんですか?お互い頑張りましょう!!
失礼しました~
amayanacco(スペルを間違えました)正しくは、amayakanacco=リンク先の「ロンドン留学の記録」の管理人です。笑。はい、学生です!
こちらこそ、とんだ失礼を。。
>amayakanaccoさん
おお、accoさんでしたか(>_<)とんちんかんなコメントをしてすみませんでした…。
ええ、学生さんですね(笑)まずは休暇を楽しんで、来学期も頑張ってください!というかお互い頑張りましょう^^
プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。