<<05  2018/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Happy New Year!!
日本より9時間遅れて、ここ英国でも2011年を迎えました。

昨年は、初の海外生活、大学院生活と目まぐるしく環境が変わって刺激的な一年でした。この拙いブログにたくさんの方が足を運んで下さり、感謝しています。今年もマイペースに続けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

年越しを海外で迎えたのは初めてですが、こちらの日本人の友人のお家の年越しパーティーに参加させてもらい、年越しそばを食べつつ新年を迎えるという和風な過ごし方をしていました。イギリス人も参加しており、「英国では大晦日はどのように過ごすの?」と聞いたところ、友達とパーティーをするとの答えが。日本ではお正月は家族と過ごすというのが主流だと思いますが、こちらではクリスマスが日本のお正月のような重要な家族イベントで、ニューイヤーは友達とわいわい過ごすものという感じでしょうか。基本的には休日は元旦のみで、2日からはもう仕事開始です。

12時を回った瞬間から、ロンドンアイの周辺で花火が上がりました。ガイフォークスナイトの時をはるかに上回る豪華な花火で、かなり遠いけど部屋からもしっかり見えて感動!オフィシャルな花火の他にも、あちこちでアンオフィシャルな花火が打ち上げられていて、圧巻でした。テレビ中継では、テムズ河付近から至近距離で花火を眺める人だかりが映されていました。(寒い中、何時間も待たないといけないそうです…。)

デジカメの容量不足でほんの一瞬だけですが、花火の模様です。

[広告] VPS



テレビは、花火の中継終了後、突然映画や再放送のオンパレードに。ライブで出てくるのは警察官くらいで、テレビ局の人々はもはや休暇モードのようです(笑)
そんな中、大晦日の深夜~元旦の朝にかけて、地下鉄やバスなどの公共交通機関はオールナイトで動いており、しかも無料という大盤振る舞い。初詣もないのに花火見物以外に誰が使うのかと思っていたら、意外と年を越してから街へ繰り出すたくさんんのノリノリの若者たちがいたのでした。

日本では年末年始荒れ模様のようですが、皆様どうぞ体調を崩されないようお気を付け下さい。直接ご挨拶できない方が大勢いらっしゃいますが、今年もどうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

happy new year again。
大晦日楽しかったですね~。僕も花火撮っておけば良かった。
昨年はいろいろとお世話になりました。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
コメントありがとうございます!
>まさやさん
ずっとキッチンにいらっしゃったので、花火を見損なわれてしまったのでは…。申し訳ないです。本当に楽しいパーティーをありがとうございました☆
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!!
あけましておめでとう
イギリス2年目の年がスタートですね。
あけましておめでとうございます。

たまに日記みて楽しんでます。
今年もがんばってください~。
コメントありがとうございます!
>さわさん
ブログ見ていただいてありがとうございます。お元気にしてますか~?
今年もよろしくお願いします☆お互い頑張りましょう!
プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。