<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
課外活動
普段の生活は、週末も含め、授業+予習・復習+エッセイやプレゼンの準備などに追われているわけですが、それだけでは息が詰まってしまうのと、せっかくの海外での学生生活ということで、いくつか課外活動をしています。


【EAP Insessional Support】

これはほぼ授業の一環ですが、pre-sessionalに引き続き、学期中もLanguage CentreがEAP(English for Academic Purposes):アカデミック英語のコースを開講しているので、英語力のスキルアップのために受講しています。というか、毎日何だかんだと英語漬けだったpre-sessionalと違い、むしろ今の方が英語を話す機会が減っている(コマ数自体がpre-sessionalより少ないし、レクチャー形式だと聞くだけ、セミナーでもあまり話せていない)ので、きちんとした英語で会話をする貴重な機会です。さらに、ネイティブだらけのマスターコースの授業と異なり、pre-sessionalのようにノンネイティブ達とほのぼのと会話できる、そしてpre-sessionalでおなじみの先生達に会える癒しの時間でもあります(笑)

このinsessionalコース、何と受講料は無料です!pre-sessionalはあんなに高額だったのに…。前にも書いたように、留学生向けの高い授業料の中にこういった費用も含まれているのかもしれませんが、安い授業料のEU圏出身のノンネイティブも受講しているので、まあその辺はよく分かりません(笑)

授業のコアになっているのが、Academic Writing。それから選択で、学期の前半と後半で分けて2つの科目を取ることができます。私は前半はEnglish for Professional Purpose: Speaking、後半はSeminar Skills and Pronounciationを選択しました。スピーキングの方は、就職面接の練習などが中心だったので、あまり必要性を感じず実は出席率は良くなかったのですが、セミナースキルは、pre-sessionalの時とは違って実際にセミナーを受けて色々と課題が分かった後で聞いてみると、「なるほど」と思うことも多く、良い練習になっていると思います。


授業の他には、いくつかsociety(部活、サークルのようなもの)に入って活動をしています。と言っても、societyの活動は基本的に学部生が中心で雰囲気が若いので(笑)、単なるsocializeだけではなく何らか目的を持った活動に参加しています。ちなみに↓以外にも【Japan Society】に入っていますが、こちらはまだ活動に参加できていません。。


【Music Society】

choir(聖歌隊)のパートに入り、週に一度、1時間半ほど練習しています。choirは欧米ならではの活動で興味があったのですが、練習に参加する人数も多く(100人弱はいるかも)、かなり盛況です。今は来月のクリスマスコンサートに向けて練習しているのですが(と言っても特別の練習などはなく、毎週の定例練習だけなので、その辺の緩さが続けやすさの秘訣かもしれません☆)、後日コンサートの映像がネットにアップされるかもしれないので、もしアップされたらまたこちらでご紹介します。

日本では特に合唱などの経験はなく(高校の合唱コンクールくらい…)、音譜を見るのも久しぶりという初心者ぶりですが、こちらではカラオケにも行けないので(笑)、気分転換にはちょうど良い感じです。


【Korean Society】

無料のハングル講座に惹かれて(笑)、Korean Societyに入ってみました。無料だけあって、講師はプロではない(韓国出身の普通の学部生)し、教室も毎回きちんと押さえられているわけではなかったりと、普通の語学教室と比べるとかなり粗いですが、興味のあった韓国語を気軽に学べて気分転換できるのでポイントは高いです。外国語(英語)でさらに外国語(ハングル)を学ぶという荒技ですが、日本語で学ぶのに比べると理解度は格段に落ちるものの、「母音(vowel)」とか「子音(consonant)」とか普段あまり使わないような英語もセットで覚えられて、英語の勉強にもなります。

レッスンは週1回1時間ですが、実は課題などに追われてこれまで出席率はあまり良くなかったので、どこまで続けられるのかは分かりませんが…。

ちなみに、LSEのLanguage Centreでは、韓国語はありませんが、フランス語やスペイン語などの講座があり、LSEやロンドン大学の学生であれば割引価格で受講できるので、回りにも何人か授業を取っている人がいます。ロンドン在住でご関心のある方は、ぜひいかがでしょうか。


【Yoga Lesson】

寮の目の前にロンドン大学のジムがあり、そこのスタジオで色々なレッスンが行われています。特にヨガ教室が充実しており、運動不足解消+気分転換を兼ねて、週1ペースでヨガのレッスンに参加しています。色んな種類のヨガがあり、私が出ているのはAshtanga(アシュタンガ)という種類のヨガですが、他のヨガとどう違うのかはよく分かりません…。

一応初心者向けのクラスですが、かなりアクロバティックなポーズもあり、終わる頃にはヘトヘトです。でも気持ち良い汗がかけるし、呼吸と姿勢を整えることによって血行も良くなりそうなので、結構気に入っています♪


あとは介護施設でのボランティアも始める予定だったのですが、課題に追われたり都合が合わなかったりでまだ行けていません。現場が見られる良いチャンスにもなるので、落ち着いたらぜひ始めたいと思っています。


***********************


日本でも大きなニュースになっていたようですが、先日、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの婚約が発表されました。密かに滞在中のロイヤルウェディングを期待していたのですが(笑)、こんな世紀の一大行事がこの目で見られるとは、今から楽しみで仕方ありません。
挙式は来年の春~夏頃とのことですが、どうか試験前日にかぶったりしませんように…。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MSN産経ニュース - 国際 :: 情報ブログ8 「ケイト指輪」に注文殺到 NYの宝石店 英ウィリアム王子がケイト・ミドルトンさんに婚約指輪として贈ったものと同じリングを求める注文が米ニューヨークで宝石店に殺到、店員は対応に追われている。米メディアが21日までに伝え...
プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。