<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Halloweenなど
10月にはぐっと寒く冬のような気候になりましたが、最近は比較的暖かい日が続いています。街路樹が青々としていると前に書きましたが、ここ数日間ほどでものすごい勢いで色付いてものすごい勢いで散っています。道路が落ち葉だらけです。

さて、10月31日はハロウィンでした。本場アメリカほどではないと思いますが、ここ英国でもなかなかの盛り上がりを見せていました。仮装パーティーがあちこちで開かれ、ゾンビや魔女、そしてなぜかマリオの格好をした人達が地下鉄や街中を練り歩いていて、たまに「がおー」とか声をかけられるのですが、テンションの違いに戸惑うばかり(汗)私自身は特にハロウィンらしきことはしていないのですが、スーパーにハロウィン用のかぼちゃ特設コーナーがあったり、家の窓にジャック・オ・ランタン(かぼちゃ提灯)が飾られていたりして、雰囲気だけでも楽しめました♪

halloween_convert_20101106223652.jpg
スーパーで見かけた猿かぼちゃ(みかん付き)

*************************


最近、街行く人々や、ニューキャスターなどが胸元に赤い花を付けているのをよく見かけます。日本の赤い羽根募金のようなものかなと思っていたのですが、イギリス人の友達に聞いたところ、これはポピー(芥子)の花で、第一次世界大戦の戦没者の慰霊行事の一環だそうです。11月11日が大戦の休戦協定が締結されたメモリアルデーで、毎年この日には黙祷が捧げられ、セレモニーが行われるのだとか。慰霊行事のための募金活動に協力すると、ポピーの花がもらえるようです。なぜポピーの花かというと、最も激戦地だったフランドル地方(ベルギー、フランス)で、戦後にたくさんのポピーの花が咲き乱れていたからとのこと。ポピーの花は、塹壕などで掘り起こされることにより、発芽率が高まるそうです。戦没者が眠る地に真っ赤なポピーの花が咲き乱れている様は、ちょっと物哀しいですね。

poppy2.jpg
これがポピーの花です

日本で「大戦」というと一般的には第二次世界大戦が思い起こされると思いますが、英国では第一次大戦の方が戦没者も多く、爪痕が大きかったそうです。ただ、日本では戦没者の慰霊行事というとsentitiveな議論が起こったりもしますが、英国では女王をはじめとした王室関係者、政府要人も参加する一大国家イベントとして行われているというところが、日本との違いを感じて印象的でした。


*************************


10月末でサマータイムが終了し、日本との時差が-8時間から-9時間になりました。サマータイムとの切替がどういう風に行われるのか興味深かったのですが、31日の午前2時(感覚的には30日の深夜)になった時に、時計の針が1時間戻りました。要は、31日の午前1時~2時が2回繰り返されることになるので、例えば「31日の午前1時半に待ち合わせ」となったら混乱するのでは…とかしょうもないことを考えてしまったのですが、まあ深夜だし毎年定例のことなので、こちらの人はそんな混乱を招くような約束はしないのでしょう。

寮の事務所から事前にお知らせも来ていたのですが、なぜか1日勘違いしていて、午前3時くらいになった時に、自動で時間が設定されるPCや携帯と、普通の目覚まし時計の時間がずれていることに気付いて、最初は理由が分からずびっくりしました。今回は1時間遅くなったので、サマータイム終了に気付かなくても大問題にはなりませんが、次にサマータイムに切り替わる時(3月末)には1時間早くなるので、要注意ですね。

それにしても、時間を1時間切り替えるのは、手続き的にもシステム上もかなり大変ではないかと思います。緯度の高いこうした国々では、長年の定例行事として根付いていて面倒な手続きも受け入れられていますが、日本で新たにサマータイムを導入するとしたら、相当の混乱が予想されるし、夏と冬の日没時間の違いから言っても、そこまでの必要はないような気がします。

サマータイムが終わって、日が落ちるのが急に早くなりました。今までは6時過ぎに暗くなったのが、5時くらいにはもう夕闇に包まれて、本格的な冬の訪れを感じる今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。