<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Canterbury
いよいよ10月から新学期が始まりました。衝撃的だったクラスメイトとの顔合わせや授業の様子などは改めて書くとして、今回はオリエンテーションウィークの合間にデイトリップで訪れたCanterbury(カンタベリー)紀行について。

カンタベリーはロンドンから電車で約1時間半ほど。今回、初めて「16-25 Railcard」という割引カードを使いました。これは25歳以下か、26歳以上のフルタイムの学生向けのもので、年会費£26を払えば、National Railの運賃が3分の2に割引されるのでかなりおトクです。コース登録後でないと申請できなかったので、先月下旬にコース登録をした後、早速カードを作ったのでした。

カンタベリーに向かう電車はなかなか曲者で、途中で電車が分かれてしまうという代物です。カンタベリーの一駅前がこの分離駅で、見事に間違えた車両に乗り、「もしや間違い?」と気付いたものの時すでに遅し…。あと一駅というところで一時間ロスするハメになったのでした。これから行かれる方は、ロンドンから向かって後半の車両に乗って下さい!

ようやく到着して最初に向かったのは、カンタベリー大聖堂。ゴシック建築の壮大な教会で、世界遺産にも登録されているイギリス国教会の総本山です。チョーサーの『カンタベリー物語』にあるように、古くから多くの巡礼者が訪れた聖地ですが、その起源は、カンタベリー大司教のトーマス・ベケットが時の王ヘンリー2世の怒りに触れ、1170年に聖堂内で暗殺されてしまうが、その後ベケットの遺骨が色々な奇跡を起こしたという伝説が広まったことにあるそうです。外観も立派ですが、内装も美しいステンドグラスや精緻な彫刻などいちいちため息が漏れるほど素晴らしく、見どころが満載でした。

IMG_3481_convert_20101003215841.jpg

IMG_3489_convert_20101003215910.jpg


もう一つ訪れた教会が、聖マーティン教会という街外れにある教会です。ガイドブックでは「世界遺産」とマークされているだけで何の説明もなかったのですが、実際に見てみてこちらも感動。小ぢんまりした石造りの建物の横には墓地が広がっており、訪れる人もほとんどおらず、静謐で凛とした空気が満ちていました。入口にあった看板によると、現在使われている英国内で最古の教会ということ。時間外で教会の中には入れなかったのですが、敷地内を散歩するだけでも十分でした。

IMG_3497_convert_20101003215945.jpg


カンタベリーにはあと「聖アウグスティヌス修道院跡」という世界遺産もあるのですが、ちょうど閉まっている日で中を見られずに残念でした。廃墟のような祭壇跡が素晴らしいと聞いていたので、ぜひ見たかったのですが…。

気を取り直して訪れたのが、「カンタベリー・テイルズ」という、『カンタベリー物語』をモチーフにしたアトラクション。『カンタベリー物語』は、14世紀に書かれたもので、ロンドンからカンタベリーまでの巡礼の旅の途中でたまたま出会った様々な職業・階層の人々が、順に自分の知っている話を語り、一番おもしろい話をした人に夕食がご馳走されるというストーリーです。アトラクションでは、自分も巡礼の旅の一員に加わって、物語の中で語られる騎士や粉屋の話に耳を傾けつつ、カンタベリーを目指す…という構成になっており、音響効果や装置などけっこう凝っていて、思ったより楽しめました。暗闇で突然人の声が聞こえたり人形が現れたりするので、若干お化け屋敷っぽかったですが。。

カンタベリーの中心部は城壁に囲まれており、街並みも古く、かわいらしいお店やカフェが並んでいて街歩きをしているのも楽しかったです。街の規模は大きすぎず小さすぎずといったところで、ロンドンからも近いし、住むのにちょうど良い感じでした。これまでに訪れた街の中でも、かなりのお気に入りになりました☆

IMG_3479_convert_20101003215809.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。