<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南仏紀行②
【3日目:ニース】

エクスに別れを告げ、プロヴァンス地方ののどかな田園風景を眺めながらバスに揺られること3時間。コート・ダジュール地方の中心、フランス最大のリゾート地であるニースに辿り着きました。

ホテルは海岸沿いではなく街の中心から離れた山の手の方なので、トラムに乗ってホテルまで行きました。このトラムは2007年に開通したばかりらしく、車両も駅もきれいでした。

IMG_3440_convert_20100918093709.jpg
駅の看板もおしゃれです。


トラムの駅近くにあった「Casino」というスーパーマーケット(ニース付近でたくさん見かけました)でお惣菜を買い込み、ホテルのダイニングでランチ。ムール貝にオリーブにチーズに生ハムに…フランスは何を食べてもおいしいです。(英国に長期滞在していると、おいしいご飯と日光に飢えること間違いなしです。多分。)

さらに夜ご飯は、ホテル(というかユースホステル)の受付で教えてもらった「LE GAMBETTA」というレストランへ。あえてこのお店は名前を紹介しますが、2夜連続で通うほど気に入ったお店でした。店員さんはみんな気さくで陽気で、お食事もリーズナブル。(ちなみに、トラムのBorringllone駅から、沿線沿いに南に数分下ったところにあります。)シーフードのパスタを注文したらものすごいボリュームでびっくりしましたが、再びムール貝をはじめおいしいシーフードを堪能できました。


【4日目:エズ】

ニースからバスで20分ほどの小さな村、エズ(Eze)へ。“蜂の巣村”と呼ばれる独特の形をしており、高い丘の上に城壁を巡らして敵の攻撃を防いでいたそうです。村の中は迷路のように狭い道が入り組んでいて、かわいらしく装飾された石造りの家に囲まれており、どのポイントもまるで絵葉書のようにきれいでした。ギャラリーがたくさんありましたが、アーティスト達が集うのも納得。

IMG_3388_convert_20100918093757.jpg

IMG_3393_convert_20100918093823.jpg
とってもキュートなお店を発見☆

村の頂上はサボテン庭園となっていますが、サボテンよりも(サボテンはサボテンで圧巻でしたが)地中海を見渡す絶景ポイントとしておすすめです。視界が良ければイタリアのコルシカ島も見えるそうですが、あいにくこの日は見えなくて残念。

IMG_3395_convert_20100918093850.jpg


夕方にはニースに戻り、さらに友人が合流して、前日と同じ「LE GAMBETTA」で賑やかなディナータイムを過ごしました。ニース名物の、色んな生野菜をごった和えにした「ニース風サラダ」もいただきましたが、太陽の恵みたっぷりの野菜達でおいしかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。