<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルギー紀行①
休みを利用して、2泊3日でベルギーに行って来ました。渡英後、初めての外国旅行です。


【1日目:ブリュッセル】

ベルギーへは、ユーロスターで2時間強。日本で言えば、東京から京都や仙台に行くくらいの気楽さです。出国手続きは、パスポートコントロールでスタンプを押されたのと手荷物検査があっただけで、至って簡単でした。
お昼前にブリュッセル南駅に到着。英国とは時差が+1時間、日本とは夏時間で-7時間です。こちらではパスポートコントロールどころか切符も回収されず、あっけないほど簡単に駅の外に出られました。

早速看板や周りの会話がフランス語(とオランダ語?)だらけになり、急に心許ない気持ちに。渡英初日の不安いっぱいだった自分を思い出すとともに、英国が懐しくなって、既に英国が自分の生活の場になっていることを実感しました。

ベルギーは国土の小さな国で、フランス、ドイツ、オランダなどに囲まれ、列強諸国に支配されてきたという歴史を持っています。独自の言語はなく、北部がオランダ語圏、南部がフランス語圏及びドイツ語圏に分かれており、ゲルマン文化とラテン文化が入り混じっているとのこと。そのような歴史の渦の中で、巧みに列強の干渉をかいくぐって独自の地位を確立し、今ではEU本部などの国際機関が集まる“欧州の首都”としての機能を果たしています。

そんなベルギー観光の第一歩は、ブリュッセルのグラン・プラス(Grand Place)。かつて同業組合(ギルド)の集会場であったギルドハウスに囲まれた広場で、世界遺産に登録されています。今ではショップ(もちろんチョコレートショップも)やレストランに改装されていて、たくさんの人で賑わっていました。日本人観光客も英国以上に見かけたような。

グラン・プラスを取り囲む豪華絢爛の建物群です。

IMG_3189_convert_20100909222614.jpg
市庁舎

IMG_3209_convert_20100909224011.jpg
王の家(実際に王が住んだことはなく、獄舎として使われていたこともあるそう)

IMG_3216_convert_20100909222530.jpg
ギルドハウス


こちらはベルギー名物のManneken Pis。世界三大ガッカリ?にもカウントされているくらいなので、特段期待はしていませんでしたが、その小ささは予想以上でした。

IMG_3221_convert_20100909223451.jpg


この日はブリュッセル市内を巡る半日ツアーに参加したのですが、「地球の歩き方」に載っているツアーだったので日本人だけかと思いきや、現地のツアー会社で日本人は全然いませんでした。ガイドさんが、同じことを英語、フランス語、スペイン語でそれぞれ説明しているのが面白かったです(さすがに日本語はなし)。カメラを首からぶら下げてぞろぞろツアーで観光する日本人像は一昔前のもので、西洋人も意外とそういうのが好きなのかなぁと興味深かったです。やっぱりおじいちゃん・おばあちゃん世代が多かったですが。

ツアーで訪れたアトミウム。1958年のベルギー万博のために造られたモニュメントで、鉄の分子構造を1600億倍にしたものだそうです。

IMG_3196_convert_20100909223323.jpg


ちなみに、ベルギーは「タンタンの冒険旅行」シリーズの作者エルジュ氏の祖国ということで、タンタングッズを扱っている「ブティック・タンタン」もグランプラスの近くにありました。

IMG_3305_convert_20100909232323.jpg
街中にもタンタンの絵が☆


夜ご飯は、グランプラスにある「Le Roy d'Espagne」という観光客のメッカとなっているブラスリーで、ベルギービール(フランボワーズ風味のものに挑戦)とミートボールのベルギー風アップルシロップソースあえを注文。食通の国だけあって、イギリスとは違って(笑)基本的に何を食べてもおいしいです。

グランプラスは夜のライトアップもきれいでした☆

IMG_3235_convert_20100909233413.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。