<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
What's the accommodation like?
(*17日に一部編集)


5日の記事に寮の外観を載せましたが、今日はフラットについてご紹介します。

IMG_3045_convert_20100817083711.jpg

これはフラットを入ったところ。左側のゾーンは、個室4部屋+奥がバスルーム+その右隣がトイレ、右側のゾーンは、分かりづらいですが対照的な造りになっており、キッチン+個室2部屋+シャワールーム+トイレです。7人で、キッチン、バスルーム、シャワールーム、トイレ2つを共有していることになります。

IMG_3028_convert_20100817084334.jpg

キッチンの奥にあるダイニングルームです。開放的な雰囲気で、フラットメイトとご飯の時間帯が重なった時におしゃべりしたり、ちょっとしたパーティーを開くのにもちょうど良い広さです。

IMG_3044_convert_20100817084446.jpg

個室には、机と椅子、ベッド、本棚、クローゼット、洗面台が備え付けられています。部屋はかなり狭くて、感覚的には12~13㎡程度でしょうか。ちなみに、写真は日本から別送便で送った荷物が届く前に撮ったので、若干すっきりしています。


<別送便について>

クロネコヤマトの「留学宅急便」というサービスを利用して、渡航前に大きめの段ボールを5箱送り、先日受け取ったのですが、部屋の広さを考えるともっと荷物を絞れば良かったと少し後悔しました。
ただ、英国は日本より気温が低いのを意識して長袖の服を多めに入れたつもりだったのですが、猛暑の中で荷造りしたのでここまでの寒さは想像できなかったのか、思っていたよりも秋・冬服が少なく、来月引っ越し後に冬服を入れた荷物を送ってもらうまでに今の手持ち服で耐えられるのか心配になってきました。。

あと、荷物の中に日本で買った外付けハードディスク(据え置きタイプ)が入っていたので、早速電源プラグをつないでみたところ、「ポンッ!」という小爆発音とともに、大量の煙が出てきてびっくり!まさかと思って仕様書を見てみると、電圧は日本対応の100Vのみとなっていました…。最近のPC周りの機器は、変圧機能がついているものが主流になっているので(少なくとも私の持っているPC、スキャナー、デジカメ充電器、携帯充電器は変圧器不要)、全く油断していました。今度からはちゃんと注意しないと。

「留学宅急便」は、有料ですが外国への発送用の厚めの段ボール箱が買えたので良かったです。送料は、5箱で約10万円。EMSなど他のサービスと価格の比較はしていないですが、友人からのアドバイスによると、一番リーズナブルではないかとのことでチョイスしました。本人の入国後でないと配送されないシステムなのですが、渡航の4日後には受け取りOKな状態になっていました。

それにしても、外国に荷物を送る際には、税関のための書類を作成しなければならず、けっこう面倒です。中身の品名(英語、日本語)と数量、価格を細かく書く必要があり、ヤマトと税関で必ず開封してチェックをするとパンフレットに書いてあったので引っかかったらどうしようと心配していたのですが、どの箱も開封された気配はなく、あっさり届いたので一安心でした。


<寮事情について>

LSEの寮事情は、決して良いとは言えません。私はpre-sessional期間、マスターコース期間ともにofferをもらえたのですが(希望していた寮はあっさり外れましたが…)、語学コースには寮に入れなかったという人がたくさんいます。
住み処は、私たち留学生にとっては本当に切実な問題です。みんな寮については多かれ少なかれ何らかのトラブルを抱えているのか、Global Simulationという授業で、何らかのスローガンを決めてpressure group(圧力団体)を結成し、どのような手段で訴えるかというシュミレーションに取り組んでいるのですが、私たちのクラスは「留学生に寮を!」がテーマになりました(笑)

英国の大学の場合、EU外からの留学生の学費はEU内の学生の倍以上しているのに、せめて留学生向けに寮はきちんと完備しておいて欲しいものです。このように寮問題が深刻なのは、大都会のロンドンの特殊事情だとは思いますが。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。