<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国準備日和
色々とブログでお伝えしたいネタはあったものの、ここ一ヶ月以上、修士論文の作業に加えて帰国準備が本格化し、ブログを書く時間が取れないでいました。とは言え、帰国がいよいよ一週間後に迫り、次回の更新が帰国後!ということになってしまうのも何なので、まとまりはないですが現在の状況等について記録しておこうと思います。

まずは、来週土曜日(21日)にヒースロー空港を発ち、翌22日に成田着のフライトで帰国することになりました。留学期間の2年間、全く帰国していないので、久しぶりの日本をどのように感じるのか(特に震災後どのように変わっているのか)、自分でも興味深いところです。以前は「たった2年で、長年慣れ親しんだ日本の生活や日本語を忘れるはずはない」と思っていたのですが、このような「逆カルチャーショック」は確実にあるだろうなという予感がします。

帰国に向けて、フライトの手配にはじまり、荷物の運送の手配、東京の不動産屋との連絡、銀行や携帯会社への連絡、勤務先との調整、所持品の処分、farewell partyの企画(こちらでは、送別会や誕生日会は基本的に自分で企画するのでビックリ!)etc.etc.と山のような作業があり、その一方で修士論文を進めなければいけないので、かなり大変です。修士論文は、本来9月中旬が提出期限ですが、「帰国後は職場復帰するので、他の学生と同程度の時間が取れない」という理由を提出し、最長の3ヶ月の期間延長を認めてもらいました。

修士論文については、これまで何回か書いてきたように、学期中はコースワークに専念すべしというスタンスなのか、去年のLSEと比べて指導教官が決まるのが遅く(LSE:前年10月下旬、ブリストル:5月中旬)、さらに指導教官がなかなか連絡が取りづらい方で、当初の方向性で独自に進めていたら、次に会ったらフォーカスを変えるよう示唆されたりと非常に難航しています。学期中にトピックだけでもある程度固めておければ、コースワークが終わった時点でよりスムーズに修論作業に移行できたはずなのですが。帰国時期は当初から決まっていたので、計画的に進めておかなかった私も反省すべきところですが、コースワークが終わっていきなり丸々数ヶ月の時間が与えられて修論のみ取り組むと言われても、トピックやリサーチ手法を固めるまでにはある程度迷走して時間がかかるものなので、学期中にそこまで方針を決めておけば修論作業期間をもっと有効に使えるのではないかと思います。


あとは、せっかくなので、今年秋からの留学に向けて渡航準備をされている方向けに、「イギリスに持ってきた方がいい物」をリストアップしておきます。
まず、住む場所がロンドンかそれ以外かで、日本製品に対するアクセスが変わってきます。ロンドンの場合は、ジャパンセンターなど日本食材を扱うスーパー、書店なども多く、“意外と何でも揃う”という印象です。一方、ロンドン以外では、中華系のスーパーなどに日本食材が置いてある場合が多いですが、やはりロンドンに比べると不便な感じはあります。ロンドンだと、文房具はMUJI(無印良品)で買えるし、ベーシックな服はユニクロで揃います。

<強くお薦めする物>
まずは、電化製品。全体的に、やはり日本製が品質も良く使い勝手が良いと思うので、イギリスでも買えますが、必要な物は日本から持ってくることをお薦めします。

PCは家で使う物と持ち運び用の2台があると便利です。留学生活はPCへの依存度が高いので、1台に何かあった場合のスペアとしても、2台目があると安心です。図書館で勉強したり、グループワークに使ったりとPCを持ち運ぶ機会は多いのですが、家用の比較的大きなPCを持ち運ぶのは重いし、軽さを求めると機能が充実していなかったりスクリーンが見づらかったりとデメリットも大きいので、用途別に2台あると使い勝手が良いです。(Dropboxを使えば、2台の間で簡単にファイルを共有できます。)と言っても、私はこちらで持ち運び用の2台目を購入したのですが、格安で買えたし、日本語への変換もできるので、様子見でもいいかもしれません。

電化製品では、他に小型のスキャナーが大活躍してくれました。授業の配布プリントや論文など、取っておきたいけど日本に持って帰るのも大変なので、全部PDF化して保存しています。一方、プリンターは、こだわりがなければ現地のもので十分かもしれません。

さらに、日本語の本は、研究用&娯楽用で多めに持ってこられるといいかと思います。その研究分野の名著は日本語訳が出ている場合もあるので、基本的な部分を日本語文献で予習しておくと、授業や英語文献が格段に分かりやすくなります。また、英語文献を読むのに疲れると、気楽に読める日本語の小説などが恋しくなりますが、こちらの本屋で買うと高い(定価の2倍以上!)し、amazonなどで取り寄せると送料がまた高くなってしまいます。

あと、女性の場合は、日本製の化粧品はこちらではなかなか手に入らないので、特にメーカーにこだわりがある場合は、多めに持参された方がいいかもしれません。

<あると便利な物>
「何でも揃う」とは書いたものの、イギリス製品のクオリティやコストパフォーマンスに不満が大きいのが、ガムテープ、サランラップ、箱ティッシュ&ポケットティッシュです。特にティッシュはやたらと高いので、荷物のスペースに余裕があれば、大量に詰めてくるといいかもしれません。
寒いイギリスの冬には、カイロも必須ですが、これはイギリスではほとんど見かけないので、必要だと思う方は大量に持ってくることをお薦めします。

あと、雨が多いイギリスでは、レインコートやレインブーツがあると便利です。(でも日本のように一日中雨、ということはあまりないので、傘は折り畳みで十分です。)


以上、近況やお薦めの持参品リストをバラバラと書いてしまいましたが、参考になれば嬉しいです。
これまで多くの方に支えていただき、励ましていただき、無事に留学生活を全うすることができて、本当に幸運でした。いつも応援して下さり、本当にありがとうございます。ブログへの拍手やコメントも、ブログを続ける上で大きな励みになりました。帰国後はまた新たな視点を持ち、新たな気持ちで仕事に取り組むことができそうです。
まだ留学生活は完結したわけではない(修論を提出するまでは!)ので、頻度は少なくなりますが、ブログもできる限り更新できればと思っています。英国留学や英国生活について何か質問などあれば、コメント欄か左側にあるメールフォームでご連絡下さい。

それでは、英国留学生活あと残り一週間、研究も生活面でも最後まで満喫したいと思います!!

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
2年間お疲れ様でした<m(__)m>
ばったりどこかで鉢合わせるかなーと思っていましたが、そうはいかなかったでしねー(笑)
日本にいたころのように毎日お米をたらふく食べられずにいるので、少し帰国が羨ましかったり…。

あ、プリンター類はあればいいと自分も痛切に感じております!
自分専用のものがあるだけで、かなりの時間の節約になりますよね!

帰国後、日本でのさらなるご活躍を祈っています(^^)

コメントありがとうございます!
>Daisukeさん
Woodland Courtで、どこかですれ違っていたかもしれませんね。今日寮を出てきたのですが、既に懐かしいです。。。

プリンターは、こちらでも安く買えますね。もし修士に進まれるなら、プリンターは自分用の物があった方が良いと思います。

Daisukeさんのブリストルでの日々が充実したものになるよう、お祈りしています。
プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。