<<04  2011/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オランダ紀行③
これまで2回に渡ってご報告してきたオランダ紀行、今回が最終回です。


【5日目:アムステルダム】

最終日のこの日は、まずは2009年にオープンしたロシア・エルミタージュ美術館の分館、アムステルダム別館へ。常設の展示品はほとんどなく、本館からの貸し出しという形での特別企画展がメインになっています。この時開催されていた企画展は、「ロシア正教の美術」をテーマとしたもので、独自のイコン美術の発展と西方教会からの影響、ロシア革命下におけるロシア正教会への弾圧とソ連崩壊後の復興の歴史など、なかなか興味深い内容でした。日本との関係で言うと、お茶の水のニコライ聖堂や函館のハリストス正教会が思い出されますが、そんな日本ハリストス正教会との関係を示すような、日本語が書き込まれた絵画なども展示されていました。

そもそも、なぜオランダにエルミタージュ美術館が?という疑問も沸きますが、実はオランダ王室とロシア王室は縁戚関係にあったそうで、そのような長い国交関係が基となって分館開館の運びとなったようです。(という説明が常設展の方にありました。)展示を一通り見た後、雰囲気の良い美術館内のカフェでランチをして、美術館を後にしました。

ちなみにこの美術館は、元は養老院として使われていたそうで、昨日ハーレムで見た養護院と同じく、「口の字型」の造りになっています。こうした施設では、住人同士のコミュニケーションを促進するため、どの部屋も中庭に面していて、お互いアクセスしやすくなっているようです。

IMG_4380_convert_20110424061939.jpg


夕方のフライトまでの短い時間を縫って、最後に「ハイネケン・エクスペリエンス」を訪れました。この旅まで知らなかったのですが、ハイネケンはオランダ産だったんですね…。ここは製造過程などを見ることができる体験型のアミューズメントパークで、最後にはビールの試飲もできます。(それが目当てでか、客層が他の美術館などとは違って、入る前から若干酔ってるような賑やかな人達が中心でした。。)それにしても、こういうところに行くと何となくハイネケンファンの気分になってしまうし、うまい宣伝方法だな、とちょっと感心。

---------------

オランダは、想像以上に素敵な国でした。(英国とは違って?)時間に正確だし(中にはそれが裏目となって出るケースもありましたが…)、サービスはより行き届いているし、ホスピタリティーに溢れた人にたくさん出会いました。オランダ美術も素晴らしいので、一年中楽しめると思いますが、旅行にはやはり花のきれいなシーズンが一番おすすめです。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。