<<03  2011/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地での医療活動報告
先日ご紹介したHunter教授のレクチャーに続き、震災関係の講演会に参加する機会があったので、そのご報告です。

その時の記事にも少し書いていましたが、被災地での医療に携わられた医師の方による、現地の医療活動の報告会があり、報道では伝わってこない現状など非常に示唆に富んだお話を伺うことができました。
震災直後には、DMAT(阪神・淡路大震災後に発足した、災害発生直後の緊急医療支援のための各県の医療チーム)の一員として被災地入りされ、いったん地元に戻られた後、再び県の医療支援チームとして被災地に赴かれています。

特に印象的だったのが、阪神大震災(都市型)とは異なって、今回は被災地が地方都市や人口の少ない地域に、しかも広域に渡って分散しており、医療体制の整備状況や医療ニーズ(もちろんライフラインの復活状況や、必要物資なども含め)が各地で違うため、現地のニーズをまず見極めることが重要、という点でした。DMATのような急性期医療の支援は、災害直後の数日の間に求められているものであり、一定の時間が経過した後は、短期間のみの単発的な活動だと、状況説明などでかえって現地側に負担がかかる可能性もあるそうです。

阪神大震災後の災害医療の進展ぶり(DMATの発足や各都道府県の災害拠点病院の整備、トリアージの導入など)は目覚ましいものがあったと思いますが、これまでの事例に捕らわれることなく、現地のニーズに合わせて柔軟に支援を行っていく姿勢が重要だと痛感させられました。何よりも、震災から一ヶ月以上が経った今、少しでも多くのエリアで医療体制が整備され、必要な医療へのアクセスが確保されていることを願っています。

報告会のより詳細な議事録メモを作成していますので、ご関心のある方は、コメント欄(必ず本文中)に連絡先を入れてSecret欄にチェックを入れて送信していただければ、追ってこちらから連絡します。(基本的には、直接の知り合いの方に限定させていただきます。なお、議事録は講師ご本人の確認もいただいており、また配布についても許可をいただいています。)


**************


震災直後には、LSEを含めた各大学では"We are with Japan"という名称で支援活動を行ってきましたが、アメリカ等の他の各国とも連携した中長期的な取組に向けて、英国在住の学生で"Action for Japan UK"という形で新たにネットワークを立ち上げ、経済的及び精神的な支援のための様々な活動を始めているところです。

外国でも支援活動が活発に行われていることを、被災地をはじめ日本の皆さんに知っていただけることで、少しでも励みになったらこの上ない喜びですし、メッセージの発信というようなことの他にも、引き続きの募金活動や観光キャンペーンなどで、実質的な支援に結びつくような活動で貢献できたらという思いで取り組んでいます。
私自身としても、試験が近付いてきており、勉強に励むのはもちろんのことですが、こうした活動にも少しでも関わっていけたらと思っています。

※Action for Japan UKのページが立ち上がりました。よかったらご覧下さい。→ http://actionforjapan-uk.net/


**************


今年は今月24日(日)が復活祭(イースター)で、カレンダー上は金~月がイースター休暇の4連休になっています。キリスト教徒にとっては、クリスマスと同様に大切な日で、教会に行ったり家族で食事をしたりするのが通例のようです。が、クリスマスのようなイルミネーションがあるわけでもなく、季節柄かそんなに厳かな気持ちになることもなく、個人的には通常の週末と感覚はあまり変わりませんでした…。でも、クリスマスの頃のように、大学の図書館が休館になったり、スーパーなどのお店が軒並み閉まったりと、やはり特別な期間であることには変わりないようです。この日に向けて、色とりどりに装飾されたイースターエッグがお店に並んでいるのを見ると、気分が華やいで良かったです。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。