<<11  2010/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エッセイ日和&Winter Wonderland
今週は、風邪の余韻?と闘いつつ、ひたすら図書館に通って休暇中の宿題のエッセイに取りかかる毎日でした。授業がないので、朝ゆっくり起きられたりするのは嬉しいですが、遅々として進まないエッセイに、休暇の残りの日数を逆算しつつ日々焦りが募ってきます…。

今書いているのは、【Social Security Policies】の授業のエッセイで、「どのように、またどのような理由でsocial security systemは国ごとに違うのか?例を挙げて説明せよ」というお題を選択。やはりこのような場合に選択してしまうのは日本の事例で、エスピン・アンデルセンの福祉国家類型と比較したりしつつ書いています。

実はこのSocial Security Policiesですが、そもそも授業の最初の段階で「social security policyとは何か」を勘違いしていたという恥ずかしい思い出があります(汗)日本語に訳すと「社会保障政策」で、日本でも「社会保障」の定義については、雇用政策・労働市場政策を含む広義の意味で使われることがあったり、社会保険・社会福祉・公衆衛生など狭義で使われたりと比較的流動的ですが、英国での「social security」はもっと狭く、benefit(諸手当)やtax-creditと呼ばれる税額控除制度などを通じた、“redistribution(所得再分配)による経済的保障”に限定されるようです。

初回のセミナーで、自己紹介がてら「なぜこの授業を取ったのか」を一人一人簡単に述べることになったのですが、そこで日本での定義の「社会保障」を前提とした説明をしてしまい、先生から「Haha、今の段階でsocial securityが何かを理解していなくてもOKだよ」と言われて自分の理解の間違いに気付いたという…。まあ、文献などを読み進めていけばすぐに分かったのですが、ちょっとしたカルチャーショックでした。授業前に感じていた、「『社会保障政策』だなんて、かなり幅広い分野を扱うけど、そもそも『social policy』とあまり変わらないのでは」という違和感は、こうしてすぐに解決されたのでした。
(余談ですが、LSEの図書館で、(日本の)国立社会保障・人口問題研究所が発行した「Social Security in Japan」という英語の文献を発見したのですが、内容的には日本の「社会保障」でした。イギリス人が読んだらちょっと違和感を感じるのでしょうね。)

あと休暇中にはもう一本のエッセイが待っています。こちらは【Housing, Neighbourhoods and Communities】の授業のもので、neighbourhoodのケーススタディを行うことになっています。

日本で「Social Policy=社会政策」というと、大体社会福祉+保健・医療政策+労働政策というイメージではないかと思いますが(これも決まった定義はなく、住宅政策を含めている文献などもあります)、こちらでの「Social Policy」は住宅政策や教育政策も含んだ比較的広い概念です。住宅や教育は本業で直接扱うわけではないものの密接に関係する分野なので、この機会にせっかくだから勉強しておきたいと思い、積極的に選択科目に取り入れてみました。本来であれば教育政策に関する科目もあるはずなのですが、今年は教授がサバティカル休暇で不在とのことで授業はなく、残念。

他のエッセイ・プレゼンネタもあるのですが、また次回以降にご紹介したいと思います。


************************


今日は、週末ということで、図書館の帰りに息抜きがてら、ハイドパークでやっている「Winter Wonderland」というイベントに行ってみました。11月中旬~年明けの期間限定でやっているクリスマスイベントで、(ドイツを意識した)クリスマスマーケット+アイススケートリンク+移動遊園地という、かなり大がかりなものです。

クリスマスマーケットでは、かわいいクリスマスグッズがたくさん売っていて、ウィンドウショッピングだけでかなり楽しめました。英国では普段お目にかかれないような精緻な細工のオーナメントなど、さすがドイツ製はセンスが違うと感嘆(笑)移動遊園地は、アトラクション自体は日本でも見かけるものが、スピード感が違ったり回転数が異常に多かったりと、何だか絶叫系になっていました…。常設でないだけに、安全基準とか緩くなっているのではと見ているだけでハラハラ。

クリスマスマーケット名物のmulled wine(いわゆるホットワイン)にドイツソーセージ、ベルギーワッフルなど食も満喫し、クリスマスシーズンらしい息抜きができたひと時でした☆

IMG_3570_convert_20101219102722.jpg
アトラクションもロンドン仕様

IMG_3569_convert_20101219102747.jpg
今日もまた大雪でした。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。