<<05  2018/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サマースクール終了!
旅行の記事と前後してしまいましたが、先週末で5週間のpre-sessionalコースが終了しました。最終週は課題の提出やプレゼンなど立て込んでいたのですが、無事に終わってほっと一息。全体の総括とまとめてご報告します。


<Academic Critique>

毎週の授業中に書く350語程度のライティングとは違って、pre-sessionalコースの集大成とも言うべき1,500語以上のライティングです。最終週の火曜(=バンクホリデーで三連休の週明け)が提出期限で、前の週のうちに完成させたかったのですが、1,450語程度まで書いたところで、集めておいたネタが全てストック切れ。数日考えた(放置した?)挙げ句、既存のネタをつぎはぎして何とか最低語数をクリアし、ぎりぎり月曜に提出しました。提出は、パスワードが必要なコースの専用サイト(タイムテーブルや授業の配布資料、リスニングの授業で使ったBBCニュースのサイトへのリンクなどが全て掲載されています)にアップするだけ。LSEはIT活用が非常に進んでいると感じます。今の日本の大学の現状や、他の英国の大学での様子は分からないのですが。。

ちなみに、ライティングのトピックは、マスターコースのリーディングリストの中から選んだ「貧困と社会的排除」について。前にも書いたとおり、教科書的な内容で、critiqueの対象としては不適切でしたが、その分野についての基礎の基礎、のようなものを学べたので良かったです。


<Presentation>

①クラス内でのプレゼンテーション
「ロンドン、ソウル、東京の交通機関について」がテーマでした。ソウル、東京の交通機関をグッドプラクティスとして、ロンドンの交通機関の改善を提言する、というもの。実際、ロンドンの地下鉄は、車両が狭い、つり革がないのでドア付近に人が密集する、空調設備が整っていない、駅の通路が狭くて閉鎖的、表示が分かりにくい、エレベーターが少ない、工事が多くて週末よく止まっている…等々の問題があります。(この辺はまた改めて記事に書きたいと思います。)

プレゼンでは、メンバー全員が2~3分ほど各自のパートについて話をしたのですが、講師の講評ポイントは、全体としてきちんとまとまったプレゼンになっているか、パワポは見やすいものになっているか(情報量が多すぎないか、文字ばかりや写真が多すぎるのはNG)、あとは声のトーンや原稿を読み上げるだけではなくきちんと聴衆に向かって話をしているか、といった点のようでした。

今回はプレゼン時間も短かったので、しっかり原稿を作っていけたのですが、原稿もなく多数の聴衆の前で英語で話をするというのは相当ハードルが高いです。今後に備えての良い練習になりました。


②クラス対抗のプレゼンテーション
クラスごとに、架空の圧力団体を作り、その目的や達成手段についてプレゼンを行いました。私達のクラスの団体のミッションは、全ての留学生に寮を!というもので、戦略としては、平和的手段(facebookでメンバーを募ったり、署名を行うなど)→ロビー活動(同窓生ネットワークを活用して、2012年のロンドンオリンピックが終わった後に選手村を寮に改装するなどの方法を大学や自治体に提案する)→デモ行為、の三段階構成を提示。ちなみに私は他のクラスメイト数人と平和的手段の部分のパワポ作成を担当し、実際にfacebookでページを作って架空の署名イベントを立ち上げたりして、なかなか楽しかったです。

3クラスのプレゼンが終わった後、それぞれどの圧力団体に寄付をするかを選んだ(自分達のクラスへの寄付は×)のですが、見事私達のクラスが優勝しました!!記念品として、LSEマグカップをget☆

このプレゼンが一番最後の授業だったので、簡単な食べ物もふるまわれ、コース全体の打ち上げのような雰囲気でした。たった5週間でしたが、当たり前のように毎日一緒にいたクラスメイトやクセのある講師陣となかなか会えなくなるのは淋しいものです。


<コース全体の総括>

サマースクールの授業だけで英語力が飛躍的に伸びるわけではなく、自主的な努力が必要ということを痛感しました。現地で生活していれば英語力も伸びるはず…と甘い見通しで渡英したのですが、日本にいる間に、すぐにマスターコースの授業を受けられるくらいのレベルをイメージしてトレーニングしておくべきだったと反省しています。時間をかければ何とかなるライティングやリーディングと違い、即時性が求められるリスニングやスピーキングが特にネックになっています。

クラスメイト達のレベルも高く、内容的には(内容に比べて学費は相当高いと感じますが)概ね満足しています。(※以前の記事にタイムテーブルや授業の紹介など載せているので、関心のある方はぜひご覧下さい。)ただ、英国の授業スタイルが全般的にそうだと思うのですが、自主的なインプットを前提としており、授業は体系立ったインプットよりもアウトプットが中心なので、アカデミック英語のスキルの基本は日本にいる間に身に付けておいた方が、渡英後の苦労はかなり減ると思います。

あとは、5週間の間に生活のセットアップが一通りできたのと、ロンドンやLSEでの生活に慣れることができたこと、何よりnon-nativeとしての苦労を分かち合える友達がたくさんできたことが大きな収穫でした。マスターコースが始まれば、nativeの荒波?に揉まれて大変な思いをすることが少なくなさそうですが、そんなタフな環境の中でこういったつながりはかなり貴重だと思います。


マスターコース開始まで半月と少し、戦々恐々とした気分ですが、少しでもスムーズにコースを始められるよう、しっかり準備を進めておきたいです。

スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

サマースクール第三週
pre-sessionalコースの第三週目が終了しました。早いもので、5週間のコースのうちの折り返し地点を過ぎたことになります。
第二週目以降の時間割はずっと同じですが、最終週に提出するassignmentやプレゼンテーションの準備などで立て込んできました。


【Academic Critique】
最終週の週明けまでに、1,500~2,000語のAcademic Critiqueを提出するというのが今の最大の課題です。Academic Critiqueとは、あるアカデミックな文章に対して、その要約及びそれに対する評価(強みと弱点)を書くというもの。テーマは何でもOKで、専攻予定のマスターコースの去年のリーディングリストが大学のサイトに掲載されていたので、いずれ読むことになるのであれば今のうちに読んでおこう…と思ってそこから選んだのですが、筆者が何か自説を述べるというよりも、これまでの学説を概括するようなテキストブック的な文章を選んでしまい、非常に苦労しています。要約はいいのですが、評価(批評)するポイントが見つからず。。今更ながら文章を選び直そうかとも思ったのですが、Critiqueの中身よりも、アカデミックなスタイルで書き上げることがこのコースでは重要なんだ、と割り切って進めることにしました。IELTSを受けていた時からそうですが、未だにWritingのコツがよくつかめません。


【Presentation】
①クラス内でのプレゼンテーション
いくつかのグループに分かれて、最終週に10~15分のプレゼンを行うことになっています。グループはマスターコースの内容によって大まかに分けられ、私のグループ(policy系)は韓国人1人、日本人2人(同業他社)の4人。テーマは「東京、ソウル、ロンドンの公共交通機関の比較」に決定し、渋滞防止や環境問題対策といった観点から公共交通機関の利用を促進するための方策について、各都市の状況を分析し、提言を行うことになりました。専門外の分野ではありますが、同じグループに同業他社の有識者がいるので、まだ気は楽です。
とは言っても、プレゼンの際には各自のパートを受け持つことになったので、英語でプレゼンなんてかなり緊張しそうですが…。

②クラス全体のプレゼンテーション
前にも少しご紹介した「pressure groupを設立し、目的実現のための手段を考える」という授業では、最終週に、クラス対抗のプレゼンを行う予定です。私たちのクラスのグループの最終的なミッションは、「全ての留学生に寮を!」というのもの。critiqueの課題や①のプレゼンの準備でみんな手いっぱいなので、本格的に準備に取りかかるのはこれらが落ち着いてからになりそうです。


アジア人の割合が高いからか、授業中は講師の問いかけに対してやや沈黙が続いたりすることもあるのですが、それでもみんな積極的に発言しようとしていて、なかなか発言できない私としてはいつも反省です。これまでも学校や会議で決して積極的に発言するタイプではなかったのですが(これは長年の反省ポイント)、英語で発言となるとさらにハードルが上がるため、発言しようと思った時には既に誰かが答えている、というパターンが多いです。

でもマスターコースが始まれば、さらに内容は専門化・高度化する上に、ネイティブも入ってきてますます発言の機会がなくなりそう(しかも発言しない=授業に全く貢献していないと見なされる)なので、今のうちに英語でみんなの前で発言するクセをきちんとつけておきたいです。そういう意味で、プレゼンは良い練習の機会かもしれません。


テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

サマースクール第二週
Pre-sessionalコースの第二週目も明日で終了です。今回は、今週の授業の様子や、LSEのPre-sessionalコースについてご紹介したいと思います。


○タイムテーブル

クラス1 10:00~11:30(休憩30分)
クラス2 12:00~13:00(ランチタイム)
クラス3 14:00~15:00(休憩15分)
クラス4 15:15~16:15(※毎週水・金はIndependent Study(自習))

最初、時間帯によって授業時間が違うこと、休憩時間が中途半端に長いこと(最初は諸手続等で休憩時間は慌だしく過ぎていたのですが、それも落ち着いてきた今となっては、休憩時間を短くして早く授業を終わらせて欲しいと思うようになりました)、ランチタイムが日本の標準より1時間遅いことに戸惑いを感じました。これが英国標準なのか、本コースでもこのようなタイムテーブルなのかどうかはまだよく分かりません。


○授業の内容

授業内容は、リスニングやリーディング、ライティングのほか、プレゼンテーションの方法や、Topic Discussion(ケーススタディとして、あるホテルの経営状況を改善するための手法を様々なデータを基に検討してグループで議論するなど)、Lecture & Note-Taking(実際に授業を聞いて、効率的にノートを取る方法を勉強。授業は様々な分野の入門編のような内容で、興味深いし、本コースの授業のイメージも湧いてきます)、選択授業(今週は、日常の様々な場面で使えるSocial Englishと、Business Englishを選択)など多岐に渡っていて、かなり充実しています。

ライティングは、250語程度のエッセイを毎週1本書いて、講師からのコメントと評価をもらいます。授業で書く分には、授業時間内に頑張るしかないので諦めもつきますが、5日の記事に書いた月末〆切のassignmentはけっこうプレッシャーです。。
リーディングは、毎週10~20ページ程度の文章が宿題で出されます(先週のテーマはCelebrity Politicians、今週はマネージャーに求められるマインドについて)。アカデミックな文章なので、斜め読みでは全然内容が解読できず(精読してもよく分からないことが多々あり)、やたらと時間がかかってしまいます。


宿題もそれなりに出るので想像していたよりも大変ですが、これだけ集中して英語を勉強できる環境というのは本当にありがたいです。Pre-sessionalがうまくやれたとしても本コースでは全然足りないという話をよく聞くので、既にPre-sessionalで苦労しているようでは先が思いやられるのですが。。

ちなみに、以前は語学学校はマスターコースの大学に関係なく自由に選べたようですが、去年にビザ制度が大きく変わってからは、基本的にマスターコースと同じ学校のpre-sessionalを選択せざるを得なくなっています。(2つの学校が違う場合は、pre-sessionalの期間分のビザしか出ないので、現地で延長手続きを取らないといけなくて、手間がかかる。)
これまでの所感や他の学校に行っていた人の話を聞いたところでは、LSEのpre-sessionalはハイレベルで内容も充実しているので、良かったです。5週間コースのほか、2週間・10週間コースもありましたが、unconditional offerがあれば5週間でちょうど良い感じです。


******************


先日、職場つながりのロンドン留学生数人で、Patisserie Valerieというカフェに行ってきました。こちらのスイーツは甘すぎるイメージでまだお店で食べたことはなかったのですが、フランス系のお店のせいか(?)、デコレーションもきれいで甘すぎることもなく、ケーキがおいしいお店を見つけられて満足。

メンバーは、同業他社(環境系)が3人と、同じ分野のコースを専攻される予定の方1人の計5人で、普段職場にいると自分の専門分野以外の知識を広げる機会がなかなかなかったのですが、環境政策などに関する話を色々と聞けて刺激を受けました。今授業で取り上げられている諸々のトピックもそうですが、留学は自分の専門分野の知識を深めるのみならず、専門分野以外の方とも話したり情報に触れたりする機会が多そうなので、今後も意識的にこういったネットワークを広げていこうと思います。

Image072_convert_20100813075533.jpg


PS リンク先に、留学に当たっての参考にしていた愛読ブログを貼りました。上記の同業他社の方の2人が共同で運営されているブログです。環境政策のみならず、英国留学に関する情報が満載なので、関心のある方はぜひご覧になってください♪

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

サマースクール第一週終了!
先日、ロンドンの気候のことを書きましたが、こちらは本当に天気が変わりやすいです。朝晴れていたのにお昼に急に雨が降って、その後また晴れ間が広がって夕方には曇って…と目まぐるしいです。この間は、帰り道に夕立に遭ってしまいました。「霧のロンドン」なので、どしゃ降りの雨はないと思っていたのに~。

街行く人の服装もバラバラです。タンクトップの人がいる傍らで薄手のコートを着ている人がいたり。出身地や人種によって寒さに対する耐性が違うからかな、と勝手に想像しています。みんな他人のファッションに無頓着なので、気楽で良いです。


この2日間のご報告です。

5日(木):サマースクール4日目
assignmentのためのacademic material探し。大学のHPからカテゴリー別に文献やペーパーを探すことができるので、とても便利です。また、大学のIDがあれば、コースごとのページで、去年の授業での毎週のリーディングリストや配付資料を検索することができます。そのシステマティックぶりに感動。

授業の後は、ピカデリーサーカスにあるジャパンセンターに初めて行ってみました。お米はもちろんのこと、調味料にドレッシングにそば・うどんにお寿司やチャーハンの素にプリッツにお~いお茶まであって、品揃えの豊富さにびっくり!日本の雑誌も陳列されていました。つい嬉しくなって色々と買い込んできました☆


Image073_convert_20100808075953.jpg
ピカデリーサーカスのシンボル。渋谷のハチ公前のような感じでしょうか。


6日(金):サマースクール5日目
今週中に銀行口座を開きたかったのですが、書類に不備があるだの何だので、授業後に支店2つと大学の窓口を何往復かして、ようやく来週に口座を開くための予約が取れました。(行ってすぐに開けるわけではなく、予約して改めて行かないといけないのです。unbelievable!)銀行も大学も対応者によって言うことが全然違うので、他のクラスメイトのアドバイスどおりに話が進まず、とってもストレスフルです。。

英国生活の経験者数人が口を揃えて言っていたことですが、英国では「交渉に持ち込む」ことが非常に重要だということが身に沁みて実感できました。「他の人がこう言っていた」と申し立てると対応が変わったり、意外と粘り勝ちしたり、それはそれでポジティブに考えると面白い経験かもしれません。


右も左もよく分からない状態で始まった英国生活、そしてサマースクールですが、何とか一週間無事に終えることができました。生活リズムも徐々に掴めてきたので、来週はもっと積極的に頑張っていこうと思います。


テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

サマースクール2日目&3日目
日本では猛暑でしたが、こちらは既にかなり涼しいです。日本で言うと10月中旬くらいの感覚かも。朝晩は長袖が欠かせません。ちょっと日本の暑さが懐かしくなったりもする今日この頃です。

この2日間のご報告です。

3日(火):サマースクール2日目
クラス分けが決まり、Pre-sessionalコースが本格的にスタートです。全体で3クラスで、私のクラスは14人。内訳は日本人が6人(うち同業が自分を含め4人)、中国人が3人、ロシア人が2人、韓国人・タイ人・スペイン人が各1人で、やはり日本人率が異様に高いです。授業内容はListening、Discussion、Writingなど日本のBritish Counsilの授業の延長のような感覚ですが、Seminar Skillsの時間には、マスターコースのSeminarの議論で使う決まり文句などを習ったりして新鮮でした。
ただ、全体的にやはりレベルは高く、ついていくのがけっこう大変です。。マスターコースが始まるまでに劇的に英語が上達するとはとても思えませんが、2ヶ月後に備えて頑張っておかないと、と気が引き締まりました。

授業の後は、クラスメイトとOxford Streetへ。ここはたくさんお店が立ち並ぶショッピング街で、無印良品やユニクロもありました。日本食のお店(Sushiバーやお弁当屋、テイクアウトの惣菜屋など)も本当に多くて、けっこう賑わっています。味にバラつきはありそうですが。。


4日(水):サマースクール3日目
コース終了前に提出するassignmentを示されました。academicな文章に対するレビューを1,000~2,000語で書いて提出せよとのこと。まずは文献を探さないと。
授業の後は、コースの有志による親睦会(=飲み会)でした。今日は授業が早く終わる時間だったので、開始時間は何と3時すぎ!日本では考えられませんが、キャンパス内にパブがいくつかあり、夕方頃には学生達が飲んでいる姿があちこちで見られます。しかもおつまみもほとんど食べずに飲み続けるので、酔いが回るのが早そうです。。

生活のセットアップを早く完了させたいのですが、色々とトラブル続きで毎日少しずつしか前進していません。喫緊の課題としては、銀行口座の開設+携帯電話の契約(←このためには銀行口座が必要)があるのですが、英国で口座を開くには手続きがかなり厳格なようで、必要書類である英国の住所入りのCertificate(在学証明書など)を発行してくれる大学の窓口が昼間1時間しか空いていなかったりして、毎日休憩時間はそんな手続きに追われています。


* 写真は最寄り駅までの通学路の紹介です。ちなみにロンドン人は信号無視しまくりです。大阪カルチャーで育った私もびっくりするくらいです。けっこう危険な気がするのですが…。

寮(Butlers Wharf)です。外観は素敵な感じです。
寮(Butlers Wharf)です。外観は素敵な感じ。


IMG_3033_convert_20100805063801.jpg
タワーブリッジ。今でも橋が上がることがあるそうです。朝の通学時にぶつかると困ります…。


IMG_3036_convert_20100805065004.jpg
かつては監獄だったロンドン塔

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

nomuhisa

Author:nomuhisa
2010年8月より2年間、職場からの派遣により、英国に留学。2010年度は、LSEで社会政策(MSc in Social Policy and Planning)の修士課程を専攻。2011年度は、Bristol大学で公共政策(MSc in Public Policy)の修士課程を専攻。
英国の耳寄り情報があればぜひお願いします!

*主要な過去記事一覧は、「アーカイブ」からご覧いただけます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。